術後ねこたちの死2014/01/07 00:24

せめて虹の橋を渡ってからは、安穏に・・
2013年10月下旬、美容室 Kさんのポストに入っていた、迷子ねこ
2013年11月、倉庫母ねこの捕獲に失敗したため、美容室で捕獲した白黒ぶち

この2匹は、もう生きていない。

11月下旬、公園にやってきた新参ねこを見つけたとき、
そのねこの首から胸にかけての白い部分が、
迷子チラシの写真に似ているような気がして、
探している方に連絡してみた。

すると、11/8 に、少し離れた公園付近で、車に轢かれたらしく
息絶えた状態で発見された とのことだった。
ただ、このチラシの方は、術後に里親探しをするためにその三毛ねこを
預かっていたら、逃走されてしまい、そのため模様や体格など
あまり詳しくない・・とのことだった。

私が公園で見たねこは、もう暗くなっていたため、
三毛模様なのかどうかままではハッキリ分からず、
ただ、白い部分が似ている・・・と説明すると
その日の夜、その公園を確認に行きます・・という返事で、
「事故死していた仔は、別のねこだと思いたいので」 とのこと。

その後、その方も何度か公園を見に来てくれたらしいが、
12/2 の夕方、久しぶりに、その新参ねこが公園にきたから
餌をたっぷりあげて、暗い中、じーーっと見ると、三毛ではなかった。
模様と思った部分は、グレーで迷子の三毛よりキレイな顔立ちだった。
それで、そのことをまた知らせておいた。

その人がチラシを配布したエリアから、川を隔てた、
あまりキレイに掃除されていない公園の片隅で、
その迷子ねこは車に轢かれたのだった。
捕獲され、手術され、初めてやってきた家から逃げ出して
土地勘も何もないところで、車にはねられて命を落とした。
発見されて荼毘にふされたことだけが救いかもしれない。



11/14 に、TNR した、白黒ぶちは、丸々と太ったオスで
美容室にやってくるようになり、アメショーmix とケンカしていた。
美容室のそばにある、ラーメン定食のお店 「いのしし亭」 さんでも
その白黒ぶちはご飯をもらっていたから、美容室のKさんは
「ししまる」 と呼んでいた。
その、「ししまる」 は、12月になってから餌を食べにこなくなった・・
という連絡がきていたが、よく太っていたし、餌場が複数あるらしいから
さほど心配していなかった

Kさんは、ひょんなことから犬の里親さんになり、散歩を兼ねて
「いのしし亭」 さんを尋ねたら、「ししまる」 が12月上旬に
お店の駐車場の奥で亡くなっていた と知った。

ししまる は、キズもなくキレイな身体のまま、冷たくなっていたらしい。
日中は交通量の多い道路に面しているから、車にはねられたか
よく太っていたから、急な心臓疾患か のどちらかだろうと思った。

迷子になって死んでしまった三毛も、発見者は 「いのしし亭」 の奥さんだった。
奥さんは、ししまる のことを 「うし」 と呼んでいたとのこと。
ししまる は、いつもお腹いっぱいご飯を食べていただろうから
それだけはよかった・・・と思っている。

手術したことにより、反射神経が鈍くなり、事故に遭う・・・
という見方もあるかもれしない。
でも、TNR し、耳カットをしてあるねこたちは、だれかに見守られていることは確かだと思う。



私たち 「天白トラブルゼロ!?」 は、公益財団法人どうぶつ基金(佐上邦久理事長)が主催する「さくらねこ不妊手術事業」の協働ボランティアです。
今回20匹以上(名古屋市緑区・昭和区・千種区・天白区)のさくらねこ不妊手術事業を行うにあたり、公益財団法人どうぶつ基金から9頭の不妊去勢手術費全額を負担していただきます。
公益財団法人どうぶつ基金に寄付をしていただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

どうぶつ基金

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村
クリックに感謝してます。